オフィスの最新版はオフィス2013ですが、何が新しいか?

埼玉県坂戸市のパソコンスクールが情報をお役立ち記事として投稿しています。

現在、先行予約を行っている新しいオフィスソフトですが、名前が「オフィス2013」。
OSはWindows7あるいはWindows8上で動きます。なのでVista以前のOSは残念ながら使えません。

今、オフィス2010を購入する、あるいは搭載のパソコンを購入すると2013が無料で提供されるらしいです。これは必ず確認して購入してみてくださいね。

どこがどう変わったのかといいますと、またもや、画面がガラリと変わるようです。たとえばエクセルのスタート画面は作成してあるエクセルファイルがアイコンとして並んでいるようです。

これはなぜそうなのかというとスマートフォンやタブレットを意識しているのでしょう。これらの操作は指でタップですよね。
エクセルファイルのアイコンを並べてタップしやすいようにしているのでしょう。又パソコンも指で操作が可能なWindows8上で動きますから、タップという操作を基準に2013は変更されているのだと思います。

2013のもっと強調されているのはクラウド利用ができますよということです。「SkyDrive」というクラウドを利用して、いつでもどこでも使えて仕事ができますよ、しかもデバイスは選ばずにと(スマホでもタブレットでもできますということ)。

それとテンプレートの充実でしょうか? オフィスというと自分で操作方法を学んで、自分で作るというソフトだったのですが、今後はとても素敵なテンプレートを用意していますので、どうぞ、利用しておしゃれなレイアウトの文書を作ってくださいということも特徴としてあげられます。

現在、アートパソコンスクールで学んでおられる生徒さんはXP-2003, Vista-2007, Windows7-2010の3世代同居状態です。2013年はWindows7,8-2013が新規仲間入りとなります。楽しみでもあります。

エクセル2003のツールボタンは2007のどこにある?互換表ご存じですか?

アートパソコンスクールの生徒さんで、オフィス2003をお使いの生徒さんがおられます。2003というともう発売から10年以上は経ちますでしょうか?完全な個人ユースですので、とりたてて新しいものに買い替える必要はなかったようで現在に至っております。しかしながら、会社では2007が導入されていて、2003と2007と混在しているとのことでした。2007が使えないと不安がっております。現在買い替えるとすれば、2010が搭載されているので、2007とはほぼ同じと考えて良いと思います。

スクールとしては、不安がらせないようにどうにかして差し上げようと・・・・。以下のものを勧めています。「互換表」です。
あまりにも2003と2007のインターフェイスが違いすぎてクレームが来たのでしょう。マイクロソフト自体が「互換表」を出しました。
2種類あります。今日はその中の一つをご紹介します。

見れる条件としてはFlashPlayer7以降のソフトがパソコンに入っていることです。見れなかったら、パソコンに該当のソフトが入っていないということになります。

では、見れるまでの手順を記載します。

1)ネットを立ち上げて このURLをクリックしてください。
http://office.microsoft.com/ja-jp/training/HA010229584.aspx?pid=CL100788241041

2)以下の画面が出たと思います。「ここから実行する」の右にある「Excel 2007」をクリックしてください。
互換表入手のためのスタート画面

3)すると下記画面が出ます。「ガイドを開始する」のボタンをクリックしてください。
互換表入手のための2画面め

4)すると以下のような画面になります。これがその互換表になります。
互換表がでました

5)使い方ですが、2003の中のツールが表れていますので、どれかをマウスで指すと説明が表れるという仕組みです。
互換表の使い方

いかがですか? これはパソコンに保存しなくても良いのです。ネットの繋がる環境であれば、上記URLをクリックして互換表を出して、探せばよいということになります。 興味のある方は使ってみてくださいね。

エクセルお役立ち情報を掲載します

マイクロソフトオフィスのエクセルは現在のバージョンは2010が最新版です。2007よりツールボタンがリボンに替わり、戸惑ってしまった方もたくさんおられるでしょう。もうとっくに慣れてしまいましたという方もおられるでしょう。当スクールでは混在しております。2002,2003,2007そして2010です。前置きはこのくらいにして、ここでは、エクセルのお役立ち情報をTipsエクセルとして記事を書いていきます。どうぞ、お楽しみに。