エクセルお役立ち情報を掲載します

マイクロソフトオフィスのエクセルは現在のバージョンは2010が最新版です。2007よりツールボタンがリボンに替わり、戸惑ってしまった方もたくさんおられるでしょう。もうとっくに慣れてしまいましたという方もおられるでしょう。当スクールでは混在しております。2002,2003,2007そして2010です。前置きはこのくらいにして、ここでは、エクセルのお役立ち情報をTipsエクセルとして記事を書いていきます。どうぞ、お楽しみに。

叔母が被災地の自宅へ戻りました

悪かった足も大分良くなり、入れ歯もきれいに口に収まり、そのせいで笑顔がとっても若返った叔母。別れが辛かったですが、家の様子やお盆の準備が心配になったとのことで、車で自宅に送り届けました。去年迎えに行った時よりは町はきれいに片付いておりました。でも、何も無い、遠くまで見渡せる、ここに町があったとは思えないほどの 様相でした。叔母の家から食料品を買う簡易スーパー、市場まではタクシーで片道4,000円。生活できるとはとても思えない状況でしたが、親戚や甥姪が差し入れをどんどんしてくれて生活が成り立つとのことでした。

去年の今日は本当に怖かった・・・

去年の今日を思い出すと「本当に怖かったぁ」というのが本音です。私は20階建ビルの12階にいて、揺れる揺れる・・・。新しいビルではなく、耐震構造になっているのか なっていないのか定かではないビルなので、「このまま、死ぬんじゃないか」と本当に怖かったです。もちろん家には帰れず、とある小学校の体育館で一晩過ごしました。 そこには300人位の人が一緒に一夜を過ごしました。寒かったし、余震が怖かったし、そして、実家には電話がつながらず、本当に生きた心地がしない一夜でした。 私よりももっともっと悲しい思い、今でも辛いお気持ちでお過ごしの皆様、言葉では言い表せないこととお察しします。一日も早く皆様の生活が安堵感に満ち溢れますように 心からお祈り申し上げます。

被災地の叔母を連れてきました

宮城県の被災地に独居している叔母を自宅に連れて来ました。実の娘もいるのですが、コンビニを任されておりまして、現地被災地で営業をしている関係上、叔母の面倒がみれず、 私の家に一時引き取りをしました。車で迎えに行きましたが、本当に驚くばかりの光景で、テレビでみるよりもっと悲惨でした。叔母の家もかなり高台にあるにもかかわらず1階の高さ1mくらいまで津波が押し寄せたそうです。精神的に参っていた叔母でした。 笑顔が戻るように支えたいと思っています。